2013年2月24日日曜日

Ruby 2.0がリリースされました

最後のRuby会議から約1年半

本当に2月24日にリリースするとは素晴らしい。その反面、なんだか言語仕様をこれ以上大きく変えることもできなくなってきていて、そういった意味での成熟感が、逆に少し寂しいところもありますが、何よりもリリースされて嬉しいです。パッチレベルが0だとなんとなく本業で使う気にはなれないのですが、趣味範囲でまずは使って行こうと思います。


変更点のまとめ

参考になる記事も同時に発表されてるのでリンクしときます。

convert_keyは2.0に入らなかったようですね

Railsやってる人なら、ハッシュのキーにシンボルを使いまくるのですが、自前でyamlを扱うと、キーが文字列になっていて萎えます。そこでRailsのライブラリ(ActiveSupport)を使わないとなると、その場しのぎなコードは簡単に書けるけど、わりと面倒。Ruby本体側で何かいい方法ないかなーとなって、その期待に応える機能がconvert_keyのようでしたが、次のマイナーリリースに持ち越しのようです。残念

refinementsがexperimentalな理由

デブサミでまつもとさんが言っていたのですが、他の処理系の人たち(JRubyとか)から、処理速度が遅くなるとかクレームが来そうで、CRuby側は良い感じで実装できたらしいのですが、そういった背景があってexperimentalなんだそうです。綺麗に収まって欲しいですね。

rvmでRuby 2.0をインストールする方法

rvm get head && dvm install ruby-2.0.0

mruby、Rails 4,その他にもメジャーなgemがメジャーアップデートするそうなので、今年もRubyから目が離せませんね。

0 件のコメント: