2012年12月23日日曜日

Sublime Text 2でctagsを使って定義元に飛ぶ - TextMateからSublime Text2に切り替え中 〜 その2

開発環境見直し第1弾

前回はSublime Text 2のインストールと、ショートカットキーを調べて、TextMateからスイッチできるだろうという範囲を調べたので、これからはSublime Text 2を使いたくなるように動いて行く。が、調べていたらctagsというものに出会ったのでちょっと入れてみよう。気分は孤独のグルメ。


brew install ctags

まずはMacにctagsをインストール。元々入っているかもしれないけど、brewで入れちゃいました。


CTagsパッケージをインストール

  1. Control + ` コマンドパネルを表示
  2. pa:ins と入力してPackage Controlのパッケージインストールを開く
  3. CTagsと入力して、CTagsパッケージをインストール

実に簡単だ...


実際に使ってみる

ctrl + t, ctrl + rでCTagsの何かキャッシュ的なものが作成され、ctrl+t ctrl+tでメソッドの定義元に飛べることは分かった。けども、精度はあまり高くないかもしれない。でも、モデル名のところでカーソルを合わせてパッとファイルが開けるのは楽だ。どんどん使って行ってみようと思う。


実はGitのPackageも入れてみたのだけど、デフォルトでキーバインドがなかったのと、CUIとSource Mapで事足りているので導入しなかった。ちなみにプラグインやパッケージ向けのキーバインドの基本方針みたいなものはあるのかな?OS Xのキーバインドは大体踏襲してくれているようで使いやすいが、一部既に割り当ててあるものがあって、よく使う機能じゃないから別によかったのだけど、他とかぶらないキーバインドってみんなどう探してるんだろう。


キーバインドをまとめておく

後日、あれ?キーバインドどうだっけ?となったので追記


  • CTRL T + CTRL R: ctagsが使えるようになる(語弊ありまくり)
  • CTRL T + CTRL T: カーソルが置かれているメソッド名の定義もとにジャンプなど
  • CTRL T + CTRL B:ジャンプ元へ戻る(これが何気に一番便利w)

0 件のコメント: