2010年11月24日水曜日

PMBOK(1) - デスマーチと残念な仕事の作り方

PMBOKに出会うきっかけに良いスライドがありましたので紹介です。

とにかくやってしまおうが全て

奇跡的に良い仕事ができたケースを除いて、最初のヒアリングとゴールの設定がうまくできていないプロジェクトはうまくいかないことが多いと思います。お客さんから依頼されてやる仕事も、社内のプロジェクトとも基本は同じで、知識や経験不足はともかく変な期待(甘え)と無謀な自己過大評価が重なり合うと残念な仕事になります。そしてさらにデスマーチまでに仕上げるには、無理なスケジュール&作業量というスパイスが必要です。実はカレーを作るくらい簡単にデスマーチは作れちゃうかもしれないと最近思うようになりました(笑

しかしそれじゃいかんのだ!!

1日でデスマーチという単語を複数人から聞いて...

なんだよ、これから新しいこと始めたいって時に縁起でもないこと言うなよ!と思いつつ、プログラマーの日常に潜みきれずに露呈されてるデスマーチ。デスマーチというか超過勤務&ストレスの高い仕事ですが、ダメとは言え、一時的なものであれば仕方がないと言えます。が、慢性的になると問題です。まずそんな悪い環境に本当に優秀な人材は入ってこないし、稀に優秀な人材が育っても、よほど情に脆い人でない限りは他所へ行くでしょう。深夜になっても会社の明かりが消えない、休日でも出社している人がいる会社は、従業員がクレイジーなほどにやる気に満ちあふれてるのは置いといて(冷めた時が衰退時)、人の入れ替わりが早いとなると、良い評価はされません。Web業界は3年会社に居たら長い方かもしれないという人材の流動が激しい業界ではありますが。

PMBOKふたたび

CSS Nite in HIROSHIMA, Vol.3で、Webプロジェクトマネジメント標準 PMBOK(R)でワンランク上のWebディレクションを目指すの著者の林千晶さんのスライドがいいですね!プロジェクトを成功させたいのなら、PMを目指すのなら、PMBOKに学び実践しましょう!僕はPMは目指してませんw でも、Webの仕事はどれもプロジェクトとして捉えることができるので、PMBOKで得た知識を少しずつ生かしてます。まだまだ勉強中です!

この本はWebサイト制作に特化したPMBOK(ピンボック)系の本です。Webサイト制作とはいっても全般ではなく、Webアプリなどソフトウェア的な部分は詳しくは触れていません。しかし、Webをやってる会社は1冊置いておいて損はないです。置いておくというよりか、実践しましょう!

9つの知識エリアの中でベスト4はこいつらだ

  1. スケジュール(タイム)
  2. 品質
  3. コスト
  4. 作業内容(スコープ)

まず、スケジュール、品質、コストの中の優先順位が大事です。作業内容はその3つの関係によって調整します。忘れてはいけない項目なのであえてあげました。

とにかくいいものができたらいいからは落とし穴

コストとスケジュールが不明で、いいものができたらいいからという言葉には、すでに煙が立っていることがありますw 後から「いつごろできそう?」と聞かれ、スケジュールも気にし始めるし、そもそも使えるお金は限られているんですから。

林さんのスライドを紹介したくて書き始めてしまったこの記事ですが、せっかくですので、次回に上にあげた4つの関係性についてもう少し詳しくまとめてみたいと思います。

0 件のコメント: