2010年2月8日月曜日

Rails3がベータリリース

期待感が高まってきました!

公式ブログに「Rails 3.0: Beta release」という記事があがっています。インストールの仕方も載っています。

個人的にRailsで遊んでいて、merbに手を出してから少し経った後に、この(当時)Rubyの二大フレームワークが統合されるというアナウンスが出ました。それから約一年経った頃から、矢吹田猫(wycats)さんがいろいろブログに書き始めました。Rails3とSinatraを同時に使う方法とか。

Rails3はパフォーマンスの改善、XSSの強化、フルスタックからモジューラ?に変わってます。ActiveRecordからActiveModelにバリデーションが分離されたのもかなりいいと思っています。prototypeからjQueryにデフォルトが変ったのか、それともjQueryに簡単に置き換えられるようになったかRailsの最新版を落として試したけど確認できてませんが、jQueryのことが気になりますw

コマンド周りも変わっていて、script/serverだったのがrails serverになるなど、さらにシンプルで分かりやすくなっていますね!残念なことにドキュメント生成ツールにyardがまだ採用されていませんが、いずれはされるんじゃないかと思います。あとはPHP文化みたいにドキュメントを異常なほどに多国語でそろえてほしいなーw

Rails3はHTML5を使うことを想定してるみたいで、DOCTYPEがHTML5のものになってますね。で、JavaScriptで必要なDOM属性をdata-*を使ってのをDHHが言ってたけどどうなるのかな。個人的にはRailsに限らず、業務系アプリはHTML5を使ってdata属性を使おうかと思ってます。(IE対応だと厳しいのかも?)

Sinatra1.0もリリース間近

これも何気にすごい。RubyがDSLパターンに強いのを活かしたWeb用フレームワークで単純なウェブアプリはこれで作っちゃえばいいんじゃないかと思います。英語圏の方ではSinatra Bookを作ろうと頑張っていて、アプリを作りながら進めているようです。今年はRubyで面白いサイトを作ろう!!

0 件のコメント: