2009年4月8日水曜日

Redmine on Debian 5

2日かけて完成

というか、サーバ移管なのでした。CentOS5.2でDBがsqlite3からDebian 5 + MySQL5という。自分で選んだ道です(笑 でも得る物も多かったです。用意していただいたマシンがメモリ1GBあったので、今はさくさくっと動いてくれます。構築手順を編集して載せても良さそうだったら後日載せます。

Redmineを使う理由

未来、現在、過去にアクセスするためです。過去の曖昧な記憶を補完してくれたり、これから何をするかを書いておいたり、現在どういう状況なのかを確認したり。でも、がっちがちにルール化したくないのが本音です。CoCのような、ある程度規約があって、その上で自由に作業できるのが理想です。今回はこう、この会社の場合はこう、とか設定重視なのは混乱を招きやすいので避けたい。まだ導入したばかりなので模索してる部分が多いけど、過去の事例から学ぶということで、どんどん実績を重ねて、近い未来では形にしたいです。そして何よりも、チケット(issue)を終了させる達成感と喜びを味わえる環境にすることが目標です。確実に目標に近づいている、いい製品、いいサイトを作ってると、良い未来に進んでいるんだという実感が持てれば最高ですね。

Subversion

バージョン管理は、サイトを作成して終わる案件では別にあまり効力を発揮しないけど、システム(PHPのプログラムとか)が絡むとなると、導入しておいた方がいい。これはJavaScriptも同じ。一人でやるなら、記憶力のいい人はバージョン管理はいらないかな。一人でやる時はMercurialがいいかも。bazaarは他OSのことも考えればbazaarがいいけど(ファイル名に日本語を使う場合など)。Mercurialはとりあえず簡単にhttpサーバ上でリポジトリの確認ができるのが個人的な好みですw ほかのSCMもそういう機能があるかもしれないけど、プラグイン対応だったかな。Eclipseのローカルヒストリー機能は素晴らしい。Eclipseを使わない場合は、分散型のバージョン管理を入れといた方がいいと個人的に思う。あとプログラマはgitとsvnは使えた方が絶対いい。オープンソースはこの2つのどちらかで公開管理されてることもあるので、使い方を知らないで諦めるのはもったいなさすぎます。

余談

Redmineのあるプラグインを入れてみたんだけど、使ってみて良さげだったら、日本語訳用ファイルを追加してpull requestをやってみようと思ってます(github)。あと、テーマを黒ベースのにしてみたら、チケットが見やすくなったとか、別に悪くないみたいだったので、いずれ自分でもテーマを作っていいのができたらRedmine本家にリンクしてもらおうと思います。ただ、個人的に普段使うものに黒というのは好きではないので、もっとしっかりしてい楽しいというイメージのものにしたいです。黒は悪くないんですが、やっぱり色は視覚に影響して、知らず知らずのうちに心にも作用しますし。テーマを個人別に設定できるプラグインを作ればいいんでしょうが、日本人ってそういうのはあまり利用しないし、チケットの優先度の色がまちまちというのも変だしな...

ところで今日は久しぶりに駄菓子を食べました。おいしかったです。ありがとうございましたm(_ _)m

お菓子と飲み物に不足しない良い会社です(笑)。これからも貢献できるよう頑張ります!

ちなみにチョコレートを食べると、恋愛をしてる時のような幸せな脳波が出るらしいです。個人差はあると思うのですが。あとポリフェノールも含まれていて集中力にもいいですし、お菓子は侮れませんね。ということで、お菓子は大事だというのをアピールしておきます(笑)。気分転換にもなるので、ほんといいと思います。タバコを吸わない人が、ちょっと休憩するのに、お茶を入れるとか、他の作業をする時間を作るというのも結構大事なんですよね。席をたつだけで、浮かばなかったアイデアが生まれたりするし、体を動かしてる時にいいアイデアが浮くのも多いそうです。

0 件のコメント: