2008年7月8日火曜日

CentOS5にSubversionレポジトリサーバを構築

apache2とsubversion1.4でいきます。OSはCentOS5.2 まずはyum
# yum install subversion
# yum install mod_dav_svn
レポジトリ用のフォルダを準備しそこにレポジトリを作成
# cd ~
mkdir repos
svnadmin create /home/<ユーザ>/repos/
svn mkdir file://localhost/home/<ユーザ名>/repos/trunk -m "create"
svn mkdir file://localhost/home/<ユーザ名>/repos/branches -m "create"
svn mkdir file://localhost/home/<ユーザ名>/repos/tags -m "create"
trunk ... 主開発レポジトリ branches ... 枝レポジトリ(各プロジェクト用とかの、いずれtrunkに結合) tags ... バージョン毎にソースを保管しておくためのレポジトリ httpd.confに設定
<Location /svn/svn>
    DAV svn
    SVNPath /home/<ユーザ>/repos
    AuthzSVNAccessFile /home/<ユーザ>/repos/conf/authz

    # 認証したユーザだけアクセス可能にする(Basic認証)
    Require valid-user
    AuthType Basic
    AuthName "None can pass!"
    AuthUserFile /home/<ユーザ>/repos/.htpasswd
  #SSLでアクセスするようにする
    SSLRequireSSL
</Location>
repos/conf/authzの設定
#グループの設定 グループ名 = ユーザ[,ユーザ]
[groups]
developers = harry, sally
#管理者
manager = dopin
[/]
# rはreadable wはwritable
#すべての人が読み込み可能にする
* = r
[repos:/trunk]
@developers = rw
[repos:/branches]
@manager = rw
[sample:/tags]
@manager = rw
htpasswdを設定する
htpasswd -c /home/<ユーザ>/repos/.htpasswd harry
htpasswd /home/<ユーザ>/repos/.htpasswd sally
所有者をapacheに変更
chown -R apache:apache /home/<ユーザ>/repos/
Apacheの再起動
service httpd restart
終わり。

0 件のコメント: